粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 計量用語辞典

液架橋力(えきかきょうりょく)

液架橋とは、気相中に液体が存在し、その液体が粒子間に保持されると粒子同士に引力がはたらくようになる現象のことで、その際に粒子間にはたらく付着力を液架橋力と呼びます。この液架橋力は、架橋の形状や粒子の表面粗さ、吸着水性状、吸着水中の不純物濃度などによって大きく影響されます。

その他の用語

A-Z

あいうえお

かきくけこ

さしすせそ

たちつてと

はひふへほ

まみむめも

らりるれろ