粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 製品案内 > 計量(トレース)システム > 計量トレース管理システムHTS > 特長

計量トレース管理システムHTS

dwPDFダウンロード

dwPDFダウンロード

特長

dwPDFダウンロード

  • 特長1

    原料の受入(原料の照合/期限切れ管理)

    原料入荷時に紙袋(もしくはパレット)単位で、受入原料ラベルを発行します。QR2次元バーコードにて、入荷時の様々な情報を記載しております。消費期限管理も行えますので、先入れ・出しの管理が出来、期限切れの原料を把握し、正しい計量をサポートします。

  • 特長2

    計量ミスの防止(原料間違い、計量値間違いを防止)

    人手による計量作業のミスの多くは、「原料の取り間違い」、「期限切れ原料の使用」、「計量値の間違い」、「手書き作業による記録ミス」などがあります。
    これをバーコードシステムにより、原料の照合、期限切れの確認、コンピュータシステムにより、計量値の範囲設定、自動記録を行い、ミスを低減できます。

    機能一覧
  • 特長3

    投入管理(ミキサー/ニーダー)

    計量工程にて完了したものは、計量済ラベルを発行して袋などに貼り付け管理します。
    投入時に、ハンディターミナルにてミキサーやニーダーのバーコードを読み取り、

    • 投入するミキサー・ニーダーの照合、確認
    • 投入原料の荷揃え確認
    • 投入原料(計量済・正袋直接投入)のバーコード確認
    • 投入前に重量計測・投入後に空容器の重量計測し、差分を投入重量で記録(Opton)

    することで、正しく計量したものを正しく投入することが可能になります。

  • 特長4

    トレーサビリティ管理(受入、計量、投入までの実績データを記録)

    1~3の工程にて、正しく作業された記録は、全て管理PCにて一元管理します。実績情報は、あらゆるキーで検索が可能ですので、お客様からの、製品問合せに対し、計量、投入情報の検索は基より、原料の受入情報まで遡って実績照会を行うことが可能になります。

  • dwPDFダウンロード