粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

設置場所の広さに合わせたり、増設に対応できる多品種自動計量装置TSU

計量供給装置を原料毎でワンブロックにユニット化。

設置はユニットを連結していく方式なので設置場所の広さに合わせ、ユニット台数を自由に選択。

将来的に設置スペースが確保できれば、追加でユニット増設を行えるので計画的な設備投資が可能となった。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

多品種の粉体を自動計量したいけど品種が多すぎる。
全てを自動化できれば良いけれど、場所の問題やコストのこともあるので、なかなか決めきれない。
又、将来的に装置の移設や配合する原料の変更、増加も計画されているので、一体物の装置では導入できない。
これらを解決する装置を作れませんか?

当社の提案

従来の多品種自動計量装置では、複数の原料供給装置を共通架台に載せ、1台の移動台車式計量機で自動計量するスタイル。
この一体式装置を各原料毎に供給装置+計量機の形でユニット化して分割する方向で設計を検討し提案。
装置台数を自由に選択でき、将来の増設に対してもユニット追加で対応が可能となった。

導入製品

  • ユニット分割式多品種自動計量装置

    供給装置+計量機がユニット分割式となっており、設置台数を自由に選択でき、将来増設時も比較的容易に行える多品種自動計量装置

お客様の声

限られた場所への設置ができて、スペースを無駄なく使えています。
将来、原料種を増やすときでも、ユニット化されていることで増設が比較的容易に行えそうなのが非常に良いです。
個々のユニットが小型なので、未使用のユニットだけを取外して保管することが可能な点も便利です。
又、ユニット化にした副次効果として、定期的な大規模清掃の際、ユニット個々が動かせるので、普段装置で隠れていて清掃し難い床面の清掃がすごく楽になりました。

  • 営業担当から一言

    少量多品種の生産が中心となり、原料替えや品種増加が常に求められる時代です。
    生産現場でめまぐるしく変化する御要望に、無駄なく効率的に御使いいただける装置を提案いたします。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。