粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

添加剤の計量・投入を自動化。(TSU-1カスタム)

手作業にて行っていた添加剤の計量と主原料ホッパーへの投入を小型計量ホッパーを装備したTSU-1を導入することにより、計量から主原料ホッパーへの投入作業プロセスを自動化しました。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

添加剤の投入を人手で行っている。
主原料の自動計量が完了したら、その計量結果から添加剤の必要量を作業者が計算。
その計算結果を基に添加剤の計量を行い、主原料のホッパーへ投入している。
現状はそれら一連のプロセスを作業者が人手にて行っている。
添加剤の計量から投入までを自動化して、作業者が他の作業に専念できる様にできないか?

当社の提案

主原料の計量実績を制御盤に取り込み、添加剤の必要量を自動演算し、計量設定値として自動計量を開始。
添加剤の計量には小型ホッパースケールを装備し、100g±1g以内の計量精度で自動計量を実現。
計量完了後には、主原料ホッパーへの自動投入も行える機構で提案。

導入製品

  • 粉体TSU-1 カスタムタイプ

    添加剤の必要量を自動演算し、自動計量が可能。
    小型ホッパースケールの採用により、100g±1g以内の
    計量精度を実現。
    計量完了後に、下流装置へ自動投入も可能。

お客様の声

作業者が他の作業に専念できるだけでなく、添加剤の投入忘れが無くなったのは良かった。
計量値の計算も自動で行ってくれるので楽だし、同時に計算ミスも無くなった。

  • 営業担当から一言

    他の設備でも展開できる内容で、提案できたことが良かった。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。