粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

手計量、自動計量の実績データを一括管理

人手にて行っていた液体原料の計量作業と計量結果の手書き記録の作業フローを改善。

作業者の負担となる多量の液体計量作業は自動化し生産性が向上。

又、多数扱う少量の液体計量作業は手作業を継続し、手計量管理システムTMSを導入することで、計量ミスゼロを実現。

自動計量、手計量作業がシステム化されたことにより、作業実績が電子化されデータの集中管理を実現。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

全ての計量が手作業で、計量実績も手書きしている。
作業効率が伸びず、計量実績の記録も紙ベースでトレースし辛い状況。
生産性を上げるには自動化するしかないが、原料種が多く、扱う量もまちまちなので、具体的にどうアプローチすれば良いか判らない。

当社の提案

生産性を向上させる為、作業負荷の大きい原料を抽出し、これらについての自動化を検討。
多種にわたる少量の原料についてはコスト面を考慮し、手計量の運用を継続し、実績データを電子化させる為に手計量管理システムTMSを導入。
これにより、自動装置、TMSの両面から計量実績を取得し電子データとして蓄積を行い、集中管理を可能とさせる仕組みを構築。
計量ミスゼロの実現と計量実績データの電子化により、トレース管理も容易なシステムとなった。

導入製品

  • スイングアーム式液体自動計量装置

    十数種の液体自動を可能とするスイングアーム式自動計量装置。
    多量計量を自動化することで、作業者が不要となり生産性が向上。

  • 手計量管理システムTMS

    手計量管理システムTMSを導入し、計量ミスゼロと実績データの電子化を実現。
    全ての計量実績に対して、万全なトレース管理が可能。

お客様の声

生産計画された作業を画面上で確認することが出来て、手計量作業でのミスが防止できた。
以前は手書きしていた計量実績も、システムを導入することで電子データとして自動記録され、記載間違いなく管理できる様になった。
作業者の負担軽減及び生産性向上、計量ミス撲滅、トレース管理の確立等々、改善案件がほぼ解消できた。

  • 営業担当から一言

    システムの導入で、御要望いただいた事が解決でき、更にトレース管理の幅も広げることができたのが良かったです。
    これからも課題解決に向け、チャレンジしていきます。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。