粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

反応釜投入時の発塵対策

反応釜に原料を投入する時の発塵を防止する為、可動式集塵フードを設置。

脱着式投入シュートの内側にクロスバーを設ける事で、原料袋の落下も防止しました。

 

 

お客様が抱えておられた問題・課題

反応釜へ原料を投入する際、発塵してしまうので、集塵用のフードを設けたいが、原料投入後に反応釜を加圧する為、蓋をきっちり閉めるので、余計なものを取付けることができない。
反応釜の数も多いので、全てに集塵用のフードを常設するほどコストをかける訳にはいかない。
又、反応釜への原料投入時に、袋を落とすこともあり、それを回収するのが大変なので、落下を防ぐことも一緒に考えられないか?

当社の提案

集塵フードが反応釜の密閉性を阻害しない事と、集塵効果が高くなる構造を検討。
そこで、集塵フードを可動式とし、反応釜自身に固定しないような構造とする為、独立した移動台車へ設置する形で設計。
移動台車としたことで、複数の反応釜へも兼用できるものとなった。
又、投入シュートを脱着式にして、その内側にクロスバーを設けることで、原料袋が反応釜内部へ落下しないように製作。

導入製品

  • 脱着式投入シュート付き移動集塵フード

    移動台車部
    高さ調整を可能とし、複数の反応釜高さに対応

  • 脱着式投入シュート付き移動集塵フード

    投入シュート部 
    落下防止対応

お客様の声

たくさんある反応釜に兼用できるのが非常に良いですね。
原料投入時の発塵を効果的に回収できるのと、うっかり袋を落下させることもなくなりました。
導入後に判ったことですが、移動台車にアースをつけることで、原料投入時に原料袋を
台車上に載せて置くだけで、静電気が除去できることが判りました。
扱う原料によっては、静電気によるシュートへの付着を心配していたのですが、その心配も解消されました。

  • 営業担当から一言

    弊社のベース製品を組み合わせただけの物ですが、期待以上の効果が発揮されました。
    装置導入を喜んで頂いて、本当に良かったです。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。