粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

カセット式原料タンクで面倒な原料替の作業を簡単に

皆様にご愛顧頂いている多品種自動計量装置(TSU)の原料タンクを取り外し可能な仕様で製作しました。

タンク内に原料が入ったままでも工具レスにてタンク自身の脱着が可能。

原料替時やスクリュー部清掃時にタンク内の原料を全て抜き取らずにタンクを取り外すことが可能です。

スクリュー部とタンク部の仕切りはスライドゲートが採用されており、万が一の異物投下時に下流工程への原料流出防止やスクリューの装置的な保護にも役立ちます。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

最近、小ロット生産が多くなり、使用原料の種類も増えてきている。
しかしながら、製品が変更される毎に、タンク内原料の入替作業(抜き取りや清掃)を頻繁に行う訳にはいかず、自動機での計量を諦めざる終えない為、手計量への負担が増大している。
可能であれば原料タンク(供給機)の導入台数を増設させたいが、予算や設置スペースの問題により増やせない。
今あるスペースにて原料入替えが苦労なく簡単に行える方法はないものか?


当社の提案

原料タンク部分だけでも品種毎に交換できれば・・・という着眼点から、スライドゲートにて原料をスクリュー上部で仕切り、原料タンク部のみ脱着可能な構造を検討。
分離した原料タンクを移動させるのに楽になる様、天井を走行させるホイストで吊り上げ下げができる様、原料タンク上部のフランジにアイボルトを付属させ、作業性の向上にも対応。
原料タンク自身を入替える事によって、無駄な装置増設を行う必要がなくなり、設置スペースの問題も解決。

導入製品

  • カセット式原料タンク

    スクリュー部と原料タンク部を分離させることが可能。
    原料替え時にスクリュー部を清掃するだけで、原料タンク部をカセット式に簡単に入替えることができます。ローコストで自動計量機の運用幅を広げられます。

お客様の声

カセット式原料タンクにできたことで、自動計量できる複数の原料を準備することができました。
頻繁に使用する原料や稀に使用する原料を区別することで、効率良く自動計量ができています。
又、スクリューをメンテナンスする時、原料タンクをそのまま取外すことができるので、内部の残原料を抜き取る必要がない為、作業が早く済みすぐに戻せるので装置の再稼働までの時間が大幅に短縮されました。

  • 営業担当から一言

    御導入いただいた装置を今回は高く評価していただけました。
    今後もお客様からのご意見・ご要望、アイデアをどんどん吸収して、実機ベースでのご提案をさせていただきます。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。