粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

原料投入時の発塵防止対策を更に強化

原料投入時の発塵防止対応をさらに強化しました。

見掛け比重が軽い原料の舞い上がりを無くし、作業現場の汚れを抑止できました。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

 比重か軽い原料なので、貯蔵タンクへ投入する時、粉がすぐに舞い上がり発塵がきつく、集塵していても周りに飛散して辺りが汚れる。
作業者は防塵マスクをして対応しているけれど、原料を投入するたび、装置周辺を清掃が必要で、結構たいへん。
この作業を何とか無くしたいんだけど。

当社の提案

 発塵の原因を確認すると、紙袋から原料を投入する時は集塵しながら行っているので、
思っていたより発塵が少ないが、原料投入後に紙袋からの発塵があり、更に紙袋を畳むとき
一気に舞い上がっていた。
 そこで、弊社の従来の投入フードへ上部に囲いカバーを追加設置し、その部分をまるまる
集塵を行うことで、原料投入後の紙袋から出る発塵をフード内で抑えられる構造としました。

導入製品

  • 発塵防止投入フード

    原料投入時の発塵を抑える投入フード。
    フード上部をまるまるカバーする事により、紙袋からの発塵を合わせて集塵し、作業現場の汚れ防止改善に貢献します。

お客様の声

 原料投入後の発塵が減ったことで、清掃作業がほとんどなくなった。
また、従来より発塵量が減ったことで、作業服への付着も無くなり、周辺への汚れも減った。

  • 営業担当から一言

    ちょっとした工夫でしたが、集塵効果が思っていたよりも向上し、現場作業の方々にたいへん喜んでもらえました。
    これからもちょっとした工夫で、実施効果の高い提案をしていきたいと思います。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。