粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

多品種原料の自動計量を少スペースで実現

8種の原料計量を自動化する計画を進めていく中で、設置スペースがかなり狭いという問題に直面。

原料タンクを一直線上に並べる通常のレイアウトでは、設置スペースに入らない為、少スペースに収める工夫が必要となった。

そこで、原料4種を一直線上ではなく、放射状に配置するレイアウトに変更し、装置サイズのコンパクト化に成功。

これを3台並べることにより、トータル8種原料の自動計量を少スペースで実現。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

作業改善として、手計量している原料の内、8種について自動計量化を計画。
予定している設置スペースはかなり狭く(特に横方向のスペース)、装置サイズに制限あり。
装置を色々と探している中で、予定している設置スペースでは、装置の設置が困難であることが判明。
かと言って、原料種を減らしては、改善効果が薄れるので、それもやりたくない。
予定している設置スペースに収まるコンパクトな自動計量装置を探さなければならい。


当社の提案

装置を設置するスペースについて、御客様へ確認。
その結果、通常の一直線レイアウトでは入らないことが判り、装置レイアウトの変更が必要となった。
原料数の半分である4種を放射状に配置し、それを2機並べることで設置スペースの問題を解決。
自動計量化する原料数を減らすことなく、設置スペースの問題も解決できた。

導入製品

  • TSU-S4

    4種原料タンクを放射状に配置することで、少スペースでの累積自動計量を可能としています。

お客様の声

作業改善で自動計量化を進めていたが、設置スペースの狭さで、計画が暗礁に乗り上げる危機があった。
色々なメーカーが解決できなかった中、ハカルプラスさんからコンパクトな装置の提案をいただけた。
計画していた原料全てを自動計量できたので、手計量作業者を他の作業に当てるという改善が実現できた。

  • 営業担当から一言

    お客様からの物理的に難しい依頼であっても、現場を見て少しでも可能性があれば、検討し提案することが必要であると再認識しました。
    お客様に満足いただける製品をこれからも提供して行きます。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。