粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

昇降式の原料タンクで、原料の補充作業を軽減

自動配合計量機TSU-CWにおいて床面で原料の補充が行える仕様で製作いたしました。

装置本体に昇降ユニットを追加し、原料タンクを床面まで下降させることを可能としました。

これにより、低所にて安全に原料補充やタンク内清掃を可能としました。

原料タンクは、供給スクリュー、計量ゲートまでを1ユニットとして一体化しており、予備タンクを準備することで、原料入換えが必要となった場合、タンクをユニットごと交換することが可能となり、今まで必須だった全量抜取り作業が不要となりました。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

TSU-CWの導入を検討されていましたが、社内作業基準の変更により高所作業(ステップに上がっての作業)が禁止される事となり、建屋の構造上、上層階からの原料投入も不可能な為、この原料補充に対して弊社からの提案を希望されました。

当社の提案

原料タンクユニットは、供給装置も含め一体式ですが電気配線等は全てコネクタ接続としており、原料補充や清掃時には本体装置部より完全に分離することが可能となり、安全に且つメンテナンスも容易に行える構造と致しました。

導入製品

  • TSU-CW

    原料貯蔵タンクをユニット化し、昇降機構により安全に取外す事が可能となり、原料の補充、入換え、日々のメンテナンス作業を軽減することが可能となりました。

お客様の声

高所作業の禁止が新たに社内基準に加わり、原料補充作業の方法について相談させて頂きました。
タンクがユニット化されて完全に取り外すことができるので、原料入れ替え作業時の清掃も容易となり、コンタミ防止にも役立っています。

  • 営業担当から一言

    貯蔵タンクを取外し可能とし且つ、カートリッジタイプする仕様は、初めての提案でした。
    今後、課題を持たれているお客様に対しまして、設計と協力し課題解決を目指します。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。