粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

移動式ミキサー容器へ直接計量し作業効率を改善 

 

ミキサー容器へ直接計量し、投入工程の作業効率を改善します。

移動式ミキサー容器を出し入れできるよう、コの字型特殊バースケールを新に設計。

移動式ミキサー容器をハンドリフターで直接バースケールへ載せる構造としました。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

総重量で1000kgを超える複数の原料を、別容器に計量してからミキサーに投入しているが
2回の計量作業に分かれるので、非常に面倒。
容器に直接原料を投入しながら計量したいが、容器と原料を合わせると2tほどになってしまう。
ハンドリフターで容器移動しているので、この重量も含むと、さらに重量が大きくなってしまう。
精度は1kg、最小表示も0.1kgとしたいので、一般的なフロアスケールではリフターごと計量出来ない。
何か良い方法は無いか。


当社の提案

容器と原料だけを計量し、且つハンドリフターの計量器への出し入れを両立させるため
コの字型の特殊バースケールを新規開発。
ハンドリフターの出し入れする部分を設け、容器+原料のみを計量が出来る構造としました。
容器を乗せるフレーム内のロードセルも要求される精度をクリアできるものを採用。
効率的な運用と計量精度の両立を実現しました。

導入製品

  • 特殊バースケール

    コの字型の荷重天板を持つ特殊バースケール構造。
    ハンドリフターを使用しての容器出し入れが可能で、tクラスの計量が可能。

お客様の声

小分け計量➥投入、計量の2段階作業が一気に改善され、作業効率が上がった。
秤の精度も社内規定に収まり満足している。
秤への衝突や接触などを考慮した強度設計やハンドリフターを最適位置へ誘導するガイド板などもあり、安心して使える。

  • 営業担当から一言

    量るだけでなく
    それをどのように、また、便利且つ効率的に作業が出来るか
    運用側だけでなく、現場の作業者様の労力軽減を両立し満足頂けたのが最大の収穫でした。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。