粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

圧力センサのアナログ信号を150m離れた中央監視装置に取り込みたい

工場:生産管理・設備管理のお客様
アナログ・接点信号を無線化したいお客様

こんなお客様におすすめです!

システム構成 詳しくはこちら

LoRa無線機の詳細はこちら

 

お客様が抱えておられた問題・課題

「圧力センサの信号1点を150m離れた中央監視装置に取り込みたい」

「配線を引くのも一苦労。おかげで配線工事費の見積がすごく高いんだ」

「信号1点のためだけに、お金と時間をかけてやるのもナンセンス。他の無線機も検討したけど、
間に中継機を置かないと通信できないから費用も割高に。それでも有線よりは安いんだけどね」

「もっとシンプルに信号を送る方法があれば・・・」


当社の提案

・圧力センサのアナログ信号をLoRa無線で無線化を提案しました

・数点のアナログ信号の無線化ならLoRa無線の無線伝送が最適です

・圧力センサから出力されるアナログ信号をHLR-A1でLoRa無線化しHLR-A1-OUTへ送信

・HLR-A1-OUTからアナログ出力し中央監視装置へ入力させます

・見通し5km飛ぶLoRa無線なので150mの距離は問題ありません。

・アナログ信号なら電流でも電圧でも同一機種で無線伝送できるので応用が利きます。

導入製品

  • LoRa無線機:シンプルモデル/HLR-A1

    LoRa無線機:送信機
    入力:アナログ1点
    出力:LoRa無線

  • LoRa無線機:シンプルモデル/HLR-A1-OUT

    LoRa無線機:送信機
    入力:LoRa無線
    出力:アナログ1点

お客様の声

・配線工事が要らないので非常に安価で信号を中央監視装置へ伝送することができます。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。