粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

過計量時の液体原料ロスを無くす、再計量機能を導入!

ドラム缶吸引の液体自動計量設備に再計量機能を導入。

自動計量時に過計量が発生した場合に、抜取りが出来るよう、計量機から原料タンクへの原料返却ルートを導入。

過計量判定後、原料戻しから再計量までを自動で行い、 原料の抜取廃棄によるロスを無くしました。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

液体自動計量設備の導入検討時に出た懸念事項で、過計量が起きた際の対象原料の抜取り作業及び原料の廃棄ロスについて、それらを無くす仕組みを自動計量設備内に構築できないか?
 

当社の提案

ドラム缶から直接吸引して計量する案から、原料タンクに一旦貯蔵し、そこから計量機へ供給
する構造に変更。
又、計量機から原料タンクへ原料を返却できる様、抜取り用のポンプと配管を追加。
計量中に過計量が発生した場合、過計量+α分の原料を抜取り、原料タンクへ返却することで、
再計量を自動で行える機構とした。

導入製品

  • 液体/粉体自動計量設備

    液体+複数種粉体の自動計量/配合設備

お客様の声

高価な原料を廃棄することの無い設備にできたことで、大変満足している。
複雑な構造にすることなく、必要最小限の機器追加でコスト面でもメリットが出た。

  • 営業担当から一言

    自動機導入においては、付帯させる機能により費用対効果が大きく変わります。
    お客様の心配事、不安な点などを伺い、機能とコストに合わせた最適な設備をご提案させて
    頂きます。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。