粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 粉体自動計量機TSU-1

粉体テストサービスにて原料変更を検討いたします!

 

スクリューフィーダー式の計量装置を既にお使いのお客様で、使用原料の変更が必要となり仕方なく手計量で対応されておりました。

最近になり使用量が徐々に増えてきた為、既存の供給スクリューで自動計量ができないのか?その為には供給機の更新が必要なのか?

との課題に対し弊社の粉体テストサービスを利用され検証されました。

 

お客様が抱えておられた問題・課題

現在稼働している5基のスクリューフィーダー式計量装置(TSU-5連)に検討中の原料を投入して、自分達でテストを行おうと思ったが、結果が悪かった場合、何をどうすれば良いのか全く分からない。
そんな状況で、原料物性をテストする為だけに、原料を流したくない。
また、テストの為に生産を止める余裕もなく、テスト後の清掃にも時間を取られたくない。

当社の提案

現行設備導入時の検討テストデータや供給スクリューのスペックは弊社で保管されているので、粉体テストサービスにて既存原料との比較検証を行う提案をさせて頂きました。

導入製品

  • 自動配合計量機 TSU-CW5

    多品種原料を自動で配合計量を行います。
    制御盤に配合レシピが登録されており、配合パターンを選択し、バッチ数を入力するだけで、自動計量が行えます。

お客様の声

テストの結果、2種中の1種は供給機の更新が必要となりましたが、1種は現行設備をそのまま使える事がわかり、これから新原料の自動計量化へ向け、社内で検討を進めます。
コンタミが大きな課題となっている中、自分達で実機使用したテストに大きな不安がありましたが、テストレポートもかなり充実しており良い検討材料として利用させて頂きます。

  • 営業担当から一言

    今回はお客様立会の上でテストを実施し、原料の特性に合わせたご提案をさせて頂きました。
    ご満足いただけたことが、何よりでした。

お問い合わせ窓口

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。