粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 製品案内 > 自動計量(液) > 一斗缶 自動充填機 TSU-LF1

一斗缶 自動充填機 TSU-LF1 dwPDFダウンロード

一斗缶 自動充填機
一斗缶 自動充填機

一斗缶 自動充填機
「TSU-LF1」とは?

液体原料を一斗缶に自動充填する装置です。
重量変化を検知し、充填ノズルを昇降させ、ノズルの先端と液面の高さを一定に保ち、
泡立ちさせずに充填することができます。

「TSU-LF1」が改善する
3のポイント

Point1

省力化

繰り返し作業を
自動化

Point2

泡立ち防止

昇降式ノズルで
泡立ちなし

Point3

省スペース

狭い場所にも
設置可能

導入の効果(Before▶After)

手作業で行っていた計量作業を自動化し、
泡立ちさせずに充填することができます。
計量中に他の作業をできるようになり、生産性も向上します。

Before

手計量

手計量
矢印
自動計量

矢印泡立ち防止制御

重量変化を検知し、充填ノズルを昇降させ、
ノズルの先端と液面の高さを一定に保ち、泡立ちさせずに充填することができます。

仕様一斗缶への小分け自動充填が可能です!

原料種 液体原料1種(タンクに貯蔵されているもの)
付属品 充填ノズル昇降装置、液ダレ防止トレイ等(送液ポンプは含まず)
供給装置 昇降式充填バルブ(充填時に液面からの高さを一定に保持)
充填能力 1000kg/h(気温20℃ 水、粘度約1cps、比重1.0 の場合)
計量機 ロードセル台秤30kg(最小表示10g)
計量精度 ±50g(※液体物性による)
装置サイズ 1000W × 1000D × 2000H ㎜(※参考値:装置仕様による)

粘度・比重など、原料、要求仕様に合わせた、
カスタマイズ設計にも対応致します

よくあるご質問(Q&A)

Q.専用容器への充填は可能でしょうか?

A.可能です。容器の開口の穴径等に合わせてカスタマイズします。

Q.ペール缶などへの充填をすることは可能でしょうか?

A.可能です。充填する容器に合わせて設計することができます。

Q.液切れの悪い原料でも使用できますか?

A.液ダレ防止トレイを用意しています。

Q.複数の一斗缶に連続して充填することはできますか?

A.一斗缶を搬送するコンベヤと位置決め装置の連動で対応可能です。

Q.同じ装置(充填機)で別タンクの原料の計量は可能でしょうか?

A.配管に切替えバルブを取り付ければ可能です。但し、混タミを防止するため、端切りが必要です。

Q.ノズルの昇降動作の設定変更は可能でしょうか?

A.制御盤のタッチパネルで原料毎に個別設定が可能です。


dwPDFダウンロード