粉体・液体の自動計量、トレース管理システム

トップページ > 製品案内 > 自動計量(液) > 加温・圧力 ホッパースケール  TSU-PHS

加温・圧力 ホッパースケール  TSU-PHS dwPDFダウンロード

加温・圧力 ホッパースケール TSU-PHS
加温・圧力 ホッパースケール TSU-PHS

加温・圧力 ホッパースケール
「TSU-PHS」とは?

粘度の高い原料を加温し、流動性を良くし、加圧しながら安定して排出します。
2槽構造なので、混ぜたくない原料を分けて計量することができます。

「TSU-PHS」が改善する
3のポイント

Point1

加温

流動性を
良くします

Point2

加圧

安定して
排出します

Point3

2槽構造

混合NGの原料を
分けて計量

構 造

構造

仕様

ホッパー容量 50L(水切り)×2、2槽式圧力タンク
ホッパー材質 SS400(断熱カバー付)
付属品 原料供給・加圧・大気開放・排出バルブ、安全弁、レベルセンサ等
被計量物 液体原料(加温時の粘度は、液体物性による)
計量機 ロードセル式 30kg(最小表示20g)
装置サイズ 1000W × 1000D × 2300H ㎜(※参考値:装置仕様による)

お客様の仕様に合わせたカスタマイズで
様々な液体に対応致します

よくあるご質問(Q&A)

Q. 粘度の高い原料の排出は可能でしょうか?

A.原料の温度変化によりますが、一般的に加温することで流動性が良くなります。

Q. 3槽以上のタンクの分割は可能でしょうか?

A.4槽までの分割は可能です。

Q. スチーム以外の加温方法はありますか?

A.電気式バンドヒーターによる加温も可能です。

Q. ホッパーの温度を設定したいのですが、可能でしょうか?

A.温調計や電気式バンドヒーターなどを取り付けることで対応可能です。

Q. 排出配管内に原料は残りませんか?

A.加圧エアーでアフターブローを行うことで、配管内に原料を残しません。

Q. 投入シュートや配管も温めたいのですが可能でしょうか?

A.電気式バンドヒーターなどを巻くことで対応可能です。

Q. SS400以外の材質に変更することは可能でしょうか?

A.原料物性に合わせて、SUS304などで製作することも可能です。

Q. 防爆仕様は可能でしょうか?

A.残量監視用のレベルセンサーを除けば、防爆対応可能です。


dwPDFダウンロード